【ニキビ歴30年】アラフォー主婦のニキビいろいろ備忘録

アラフォーですが、まだたまにできるニキビ。しかり、かなり良くなりお肌の状態は良好!今までのニキビのいろいろを備忘録的にまとめていきます。

敏感肌のニキビケア 洗顔で気をつけるポイントとセラミドが重要

敏感肌なのにニキビができるって最悪ですよね。もともと過敏な肌だから、あまりにいろいろと付けることも難しいからです。そのため、治りも悪くなりがちです。上手くニキビ対策を行うためには、優しいスキンケアを心がけることが大切です。

f:id:cosmehada:20170412105858j:plain

 

敏感肌ニキビのスキンケア

まずは洗顔!

基本としてまず大事なのが洗顔!洗顔による刺激を極力抑え、強く擦らないように意識することが大切です。そして汚れもしっかりと取り除くように、心がけなければいけません。


洗顔の際に力を入れて洗ってしまうと刺激になりますし、刺激を与えると肌代謝にも影響してしまうのです。特に顔の肌は繊細で丈夫ではありませんので、低刺激な洗顔を行うのは鉄則!!

 

優しく洗うのが大事でも、汚れもきちんと落とすことが大切!メイク汚れや古い角質などの汚れを残してしまうのは、代謝を阻害する原因になり、結果的に弱い肌状態になってしまうのです。

 

注意点

敏感肌だと潤いを残しながら洗える洗顔料が人気ですが、保護成分によって油膜を張ってしまうことがありますので要注意!そして、油膜の中に汚れが包まれてしまい洗顔の効果が低くなることがあります。

 

肌の汚れは確実に落とすのが基本ですから、洗う時はしっかりと洗い、その後のケアを丁寧に行うことが大切です。

洗顔後のスキンケア

基本は刺激にならない基礎化粧品を使うことです。刺激に弱い敏感肌だと、体調によって合わない日もでてきたりするので、肌に合わないものは避けなければいけません。


肌を丈夫にするためには保湿を行うことも欠かせませんが、敏感肌ならセラミドを補うように心がけてみましょう。細胞間脂質でもあるセラミドはどんどん不足していきますし、肌内部の潤いを損ねてしまう原因になるのです。

 

そして肌の内側が乾燥している状態だと、いくら化粧水で水分を与えたりクリームで油分を与えるなどのケアをしても、肌内部の乾燥が強いと効果は下がります。


重要なのは肌内部を潤いやすい状態へと整えることです。そのためにも潤いを保持する作用のあるセラミドが必須であり、敏感肌によるニキビを治すコツでもあるのです。

 

nikibi30.hatenablog.com