【ニキビ歴30年】アラフォー主婦のニキビいろいろ備忘録

アラフォーですが、まだたまにできるニキビ。しかり、かなり良くなりお肌の状態は良好!今までのニキビのいろいろを備忘録的にまとめていきます。

敏感肌の基礎化粧品とクレンジング 保湿成分しっかりとメイクは洗顔で落ちる程度に

敏感肌は、一度なってしまうとなかなか抜け出すことができません。そのため、スキンケア選びがとても大切になってきます。


敏感肌は、外部の刺激によるひりひりやかゆみなどに過剰に反応する肌で、皮膚のバリア機能が低下することが主な原因と言われています。この肌のバリア機能は、加齢や乾燥、間違ったスキンケアなどによって、角質層の水分量が減少し、コラーゲンやヒアルロン酸が減少してしまうため、ニキビなどの肌荒れが起こってしまいます。

 

f:id:cosmehada:20170413134700j:plain

 

敏感肌におすすめの基礎化粧品

健やかで弾力のある肌を取り戻すためには、配合成分がシンプルで、保湿成分がしっかりと配合されたものを選ぶ必要があります。皮膚は複雑な化学構造をもっているものには、敏感に反応してしまう性質をもっていますから、配合成分が複雑な化粧品を使うと、かゆみやかぶれなどを起こす可能性が高くなってしまいます。

 

基礎化粧品を選ぶときのポイントとしては、保湿成分が多く含まれているか?界面活性剤の使用量が抑えられているか?がポイントです。


敏感肌には、保湿は大変重要ですから、ヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が多く配合されている保湿化粧品を使うことが重要です。また、界面活性剤は、天然系のものであっても、なるべく使用量が少ないものを選び、自分に合うかどうかを試したうえで使用することが大切です。


特に、水をつけただけでもヒリヒリと反応してしまうような重度の敏感肌の場合には、メイクを控え、配合成分がシンプルな基礎化粧品を選ぶことが大事です。

 

敏感肌のクレンジング

軽度な敏感肌の人の場合には、きちんと化粧品を選べば問題はありませんが、重要なことはクレンジングです。しっかりと落ちにくいメイクをすると、そのメイク汚れを落とすために、強力なクレンジングに頼るしかなくなります。

 

ファンデーションはリキッドタイプではなく、パウダー系で、保湿成分が配合されたものを選ぶとよいでしょう。また、メイクを落とす時に負担がかかってしまいますから、洗顔料で落とすことができるパウダーや、パウダーファンデーションを使用することをおすすめします。

 

最後に・・・

そのほかにも、敏感肌を改善するには、基礎化粧品以外にも、食生活など、生活習慣の見直しも重要です。栄養バランスのとれた食事やストレスをためこまないように意識するようにしましょう。

 

nikibi30.hatenablog.com

nikibi30.hatenablog.com