【ニキビ歴30年】アラフォー主婦のニキビいろいろ備忘録

アラフォーですが、まだたまにできるニキビ。しかり、かなり良くなりお肌の状態は良好!今までのニキビのいろいろを備忘録的にまとめていきます。

ニキビ跡に目薬が効くって本当?

ニキビができた後や、ニキビ跡が残ってしまった場合のそのスキンケアの方法は様々あります。その中でも、本当に効果があるかどうかはわかりませんが、話題になっているのが「目薬」です。

 

f:id:cosmehada:20170422091730j:plain

実際に使ったことがある人はいるでしょうか?

 

目薬を使ったニキビケア

インターネット上でも様々な情報が載せられているようですが、目薬を使ったニキビの治し方、スキンケアの方法は次のような方法になります。

 

炎症ニキビ

充血したときに使用する目薬を使います。「塩酸テトラヒドロゾリン」という成分がポイントです。血管を収縮させる作用があり、炎症を緩和してくれます。

 

まずは洗顔をしっかりと行うことがいちばん最初。その際に、ニキビ専用の洗顔石鹸等を使用すれば、より効果があると言われています。

洗顔を行った後、目薬を綿棒の先の方につけて、炎症が起こっているニキビの赤い部分に優しくなります。ぐりぐりこすらないようにしましょう。その後は普段のケアを行っていいんですが、可能なら目薬を塗ったニキビ部分だけは避けるといいでしょう。

 

ニキビ跡

ニキビ化粧品にもよく使用されている「グリチルリチン酸ジカリウム」。ダメージを回復するので、目薬にもよく使われています。疲れ目回復に配合されているビタミンEやビタミンBも、お肌の回復に有効な成分です。

 

最後に・・・

目薬がニキビ跡にいいというよりは、炎症ニキビを早めにケアして、ニキビ跡を作りにくくするという利用方法がいいようですね。

 

※目薬がニキビに効くとは、医学的には立証されているものではありません。

 

nikibi30.hatenablog.com

nikibi30.hatenablog.com

nikibi30.hatenablog.com