【ニキビ歴30年】アラフォー主婦のニキビいろいろ備忘録

アラフォーですが、まだたまにできるニキビ。しかり、かなり良くなりお肌の状態は良好!今までのニキビのいろいろを備忘録的にまとめていきます。

ニキビ肌は紫外線にも要注意!

紫外線はシミの原因となるものですが、ニキビ肌にも要注意な存在です。紫外線は活性酸素を増やす原因にもなり、活性酸素が増えると肌細胞を錆びつかせて老化させます。新陳代謝も悪くなるため、肌の生まれ変わりを遅らせます。ニキビができてしまって治りが遅くなる原因にもなります。

 

f:id:cosmehada:20170422093135j:plain


ニキビ肌は紫外線にも要注意なのは、肌に刺激を与えることになりますし、ニキビの痕がシミになり残ってしまうからです。紫外線対策はきちんと行わないといけません。夏はもちろん、年中降り注ぐので常にケアをしないといけません。

 

肌に負担が少ないケアが必要になります。日傘や帽子などでしっかりガードするようにしましょう。レジャーや長時間の外出時には、日焼け止めも必要です。日焼け止めもニキビ肌用のタイプもありますし、紫外線吸収剤不使用の刺激が少ないタイプにするなど、肌の負担も考えましょう。


活性酸素が増えると新陳代謝が悪くなると言いましたが、新陳代謝を促進するように身体の外と中からのケアが大切です。食事や睡眠、スキンケアは保湿を重視して行いましょう。

 

紫外線対策に効果的な化粧品について

f:id:cosmehada:20170422093419j:plain

 

紫外線対策には浴びないようにするための対策と、紫外線を浴びてしまった後の対策があります。浴びないようにする対策は、帽子や日傘、日焼け止めなど、紫外線自体を防いでしまう対策です。

でも、紫外線を肌に受けていた時間はごくわずかのつもりが、数時間後には肌が赤くなっていたり、ヒリヒリするようになってしまったという体験談を持つ人は多いでしょう。肌に紫外線を浴びてしまった時に、皮膚のダメージは想像以上です。

 

強烈な紫外線にさらされた肌は、赤みが強くなり、その状態がしばらく続きます。
日焼けの症状は、それ以後数日かけて、メラニン色素の増加になって明確になってきます。

また、日焼けして引き起こすのがお肌の乾燥です。日焼けによる乾燥で、お肌の表面がカサカサに乾いた感覚はありませんか?乾燥によるごわつきと、紫外線による肌のターンオーバーの乱れでニキビもさらに悪化してしまうでしょう。

 


まずはしっかりと水分補給と保湿を重点に!!
そしてシミを防止するための美白対策を!!!

 
大人ニキビもお肌の乾燥もしっかりとケアできる、大人ニキビ化粧品がおすすめです。
お肌を化粧水や美容液でしっかりと保湿したら、ビタミンたっぷりの果物や野菜で体の中からも紫外線ケアしましょう♪

 

nikibi30.hatenablog.com

nikibi30.hatenablog.com