【ニキビ歴30年】アラフォー主婦のニキビいろいろ備忘録

アラフォーですが、まだたまにできるニキビ。しかり、かなり良くなりお肌の状態は良好!今までのニキビのいろいろを備忘録的にまとめていきます。

ニキビ肌でも紫外線対策は大事!うっかり日焼けをなくす注意点

ニキビができていると日焼け止めを塗るのが嫌になりますが、まったく紫外線対策をしないまま・・・というわけにはいきません。普段ならミネラルファンデーションだけでもいいですが、アウトドアだとそういうわけにもいきませんよね。

 

日焼け対策をすることは、肌を美しく保つために重要なことです。寒い季節は紫外線対策は必要ないと思っている人もいるようですが、紫外線からお肌を守るには、冬でも日焼け対策が重要になります。


紫外線は5月ごろから増え始め、6月にはほぼ真夏と同じ量になります。春先からしっかりと日焼け対策をしなければうっかり日焼けをしてしまうでしょう。

 

f:id:cosmehada:20170601095901j:plain

 

小まめな塗り直しを

紫外線が多い時期は汗もかきやすくなります。日焼け止めは汗で落ちやすいので、面倒でもこまめに塗りなおすことが大切です。とくにアウトドアなら2時間か3時間おきには塗りなおしましょう。

 

ケチらずたっぷり使う

紫外線を遮断する効果が強いクリームを一度だけつけるより、弱めのものでも何度かつけ足していく方が有効です。日焼け止めの量は少なすぎると効果を発揮しませんので、たっぷりと使いましょう。

 

塗り忘れに注意

塗り忘れが多いところがあごの下です。地表から紫外線が跳ね返って日焼けをしてしまう場所なので、要注意です。

 

最後に・・・

紫外線は量が少ないといっても1年中降り注いでいます。紫外線が少ない時期だからといって油断すると日焼けをしてしまいます。冬のうちは紫外線量が少ないので、肌の紫外線に対する抵抗力が低下しています。春になって紫外線の量が増えてくるとそのダメージは夏のもの以上になると言われています。


紫外線から肌を守るクリームやメイクは、年間を通じて行うことで、日焼け対策効果が得られます。メイクをしていたらクリームタイプは塗り直しができませんよね。そういうときは、パウダーでしっかりと紫外線をカットしましょう。